勝てば官軍

正力松太郎賞に栗山監督が選ばれた。
ここ数年は選手ではなく、日本一になった監督が選ばれることが多い。今年もそうなった。


現役が短くコーチ経験もなかったので、キャスターの印象がつよかったが、最近は奇策を駆使して勝ちに行く監督のイメージが定着したと思う。特に今年の采配は要所でさえていた。選手を下の名前で呼ぶところが少年野球のようであまり好きになれないが、それも奇策の一つなのだろう。


ホークスを退団した柳瀬は阪神に行くようだ。中継ぎで登板機会があるだろうし、良かったと思う。他の戦力外選手もどこかに決まってもう一度活躍してほしいものだ。


東浜は今オフも渡米して自主トレするそうだ。昨オフの自主トレで筋力アップし、先発とロングリリーフで貢献した。加治屋も同行するらしいので、ドラ1コンビの来季の活躍を期待したい。