戦力外など

細川、バリオス、カニザレスの3選手について、来季契約をしないと発表された。


細川は若手の育成コーチの打診を断り、他球団での現役続行を希望。
現段階ではオファーがあるかはわからないが、実績、経験から近い将来のコーチ就任を見越して契約する球団はありそうだ。


球団の思惑がはずれ細川の意向で退団するようにみえ、あいかわらず非情な球団だなと思ったが、さまざまな報道をみるとそれだけでもないようだ。
本当にコーチに就任してほしかったのならば、もっと時間をかけて話をするだろうし、選手兼任というやり方もあるだろう。
しかし、現役のベテランがいると今年のCSのように肝心なところは頼ってしまいがち。無理やりでも若手捕手を出場させ経験を積ませる状況を作りたかったのかもしれない。


優勝を逃した今シーズン、もはや永遠の課題となりつつある捕手育成のチャンスと見て球団が腹をくくったのだろう。何年かかるか分からないが、他球団の様子をみても、捕手育成はそれだけ難しいということだ。


バリオスは怪我の影響やスアレスの台頭もあり、出場機会は来季も望めないし、カニザレスはイデホが抜けたチャンスをまるで生かせなかったので仕方ないと思う。来季は頼れる大砲をつれてきてほしいものだ。


松坂と五十嵐はウインターリーグに参加するそうだ。この人たちも崖っぷち。来シーズンの成績によっては一年後に紙面を賑わしているかもしれない。がんばってもらいたいものだ。



今日のおかず:ホイコーロー