ファイナル敗退

対日ハム4-7で負け。ファイナル敗退が決定し、今シーズン終了。


初回に4点をとったが、2人目のバースを攻略できない間に、おきまりの継投ミスであっというまに逆転。僅差の采配勝負になると、無能な首脳陣では相手にならない。今年のホークスを象徴しているようなラストゲームでした。


確かに日ハムは大谷個人の力によるところが大きいと思う。彼が抜けたら大きく戦力ダウンするだろう。しかし、優勝するチャンスをものにする、この試合を勝つ、といった気合いが感じられる采配が今シーズン随所に見られたように思う。栗山監督、白井コーチはじめベンチがホークスより勝った結果の勝利です。


さて、監督の残留は決定の模様。若手専門の投手コーチに配置転換すればいいのにと思うが、契約期間やプライドもあるだろうから仕方ない。ならば、ヘッド格で招聘予定の達川氏と打撃コーチ就任予定の立花氏に期待。とにかく体制を一新し、選手の能力を生かした勝ちに執着した采配をしてほしい。


シーズン終了したので、戦力外、FA、移籍の話題が活発になってきます。
デスパイネ、テイムズなど長距離打者の調査をしているという報道。
FAは森福が行使するらしい。セ・リーグ希望のようだがFAでホークスから退団する選手は最近なかったので、こちらも注目したい。



今日のおかず:厚揚げ、キンピラ、イワシ煮
今日のお酒 :作、風の森、町田酒造