ファイナル3敗目

対日ハム1-4で負け。これで後がなくなった。


千賀はまたしても初回に被弾。
2回以降は抑えたが、4失点ではよく粘って投げたとは言えないだろう。

西川に球数を投げさせられたうえのフォァボールでリズムがくるい、細川がパスボールでピンチを広げる。精神的に追い込まれて近藤に甘い初球。テンパったところでレアードに失投。これでジエンド。
千賀はいい投手だが、精神的に弱く、スタミナにも問題がある。日ハムは見事に弱点をついていた。球数を投げさせることを西川、中島に徹底させ、主軸が失投を仕留める作戦だったのだろう。


打線はチャンスを作りながらも中村晃のソロ弾だけ。


何度もみた光景。場当たり的に打線を組み替え、流れを止める。
苦手投手を攻略する作戦がない。今シーズンを象徴するような試合だった。


この3連戦は先発投手がまるで働けなかった。でもそれは仕方ない。相手がいることだから、そんなこともあるだろう。問題は無能ぶりをさらけだしつづける首脳陣。
来シーズンに向けての最大の補強は、首脳陣の入れ替えでしょう。
もう、早く負けてしまって次期体制を整えた方がいいのでは?



今日のおかず:中華丼