ファイナル1勝目

対日ハム4-6で勝利し、1勝2敗とした。


中田賢一は立ち上がりは良かったが、要所で粘れず4失点。
まあ、こんなもんだよねという印象。


あとを受けた中継ぎ陣ががんばっていたが、例によってあと1本がでず、追加点がとれない。今シーズン何度も見た先制したが中押しできない間に逆転される試合展開で、敗色濃厚だった。


8回の松田のホームランで1点差となったことで、マーティンにプレッシャーがあったのか、デッドボール、盗塁、四球、重盗でチャンスを広げ、2点勝ち越し。
結果として柳田がお立ち台になったが、同点打を打った本多の集中力と執念を感じた。
不動のセカンドだったが、ここ数年はケガに泣き、不本意だったと思う。また輝きを取り戻した本多の活躍を明日も期待したい。


3戦目は千賀と有原。チャンスは多くないだろうが、五分に戻しておきたいところだ。