1敗目

対楽天1-7で完敗。今シーズン初黒星で3勝1敗。


千賀は立ち上がりは上々で前評判通り投手戦かと思いきや、バッテリーエラーで失点。その後はコントロールを乱し、配球も単調になり狙い打ちされるようになった。そして上林のエラーでプッツン切れてしまった。パニック状態で投げたとしか思えない甘いスライダーを3ランされジ・エンド。


WBC後の疲れと調整不足もあろうが、悪い意味で若さをさらけだしてしまった。
同じく、バッテリーを組んだ甲斐も反省し、次戦に生かしてほしい。


それにしても上林はオープン戦からタイムリーなエラーが目立つ。まだシーズン序盤、今のうちに何とかして、シーズンを通して1軍でがんばってほしい。














開幕カード3連勝

2017シーズンの開幕は3連勝。予想以上のいいスタートでした。


開幕戦のエース対決を取ったことでいい流れとなり、逆にロッテはオープン戦での勢いを止められ調子がくるってしまったか。
和田はさすがの粘投。初回の好機を逃して分が悪かったが、よく我慢して味方の援護を呼び込んだ。相手もエースでなかなか打てないが、少ないチャンスで得点できた。終わってみればいい勝ち方だったと思う。


中田賢一は相変わらずの暴れ投法で的を絞らせず無失点。守備が長く観戦する方は、無失点とは思えないほどイラつくし、疲れる。
心配なのは岩嵜。ロッテは岩嵜の対策法を見つけたのだろうか、余裕で攻略していたように見えた。まるで投げる球種がばれているような..


東浜は自身の開幕ということで飛ばしすぎたのか、中盤でスタミナ切れか。前半とは別人のようになってしまい、交代もやむなしだったが、五十嵐が悪い流れをとめ、上林が一発でいい流れを引き込んだ。逆転されてからの再逆転で、今年も強いなという印象を与えられた勝利だった。サファテも記録達成おめでとう。


次カードは同じく3連勝の楽天戦。寒さが最大の敵か。
中村晃と松田の調子が上がってほしいところだが、誰もケガをしないように乗り切ってほしい。



新外国人

新外国人のジェンセン選手の入団が発表された。


190センチ、109キロの大柄で、主に3Aで通算178本塁打を記録している。メジャー実績は17試合で2本塁打だけだが、ホークスにとって待望の右の長距離砲。日本にうまく順応して活躍を期待したい。
珍しいのは左投げ右打ちであること。あまり見かけないタイプだ。


金子圭はトライアウトを受けたがオファーがなく、引退するようだ。同じく元ホークスの新垣も引退。さびしい限りだ。



今日のおかず:牛バラ焼き